SponsoredLink
SponsoredLink

ケーズデンキ的思考。

こんにちは。

ケーズデンキ的思考。。。

意味不明なタイトルですよね。

はい。私も意味判りません。(笑)

いや、ただ何となくですが、浮かんだです。

浮かんだからには、「ケーズデンキ的」に沿ったお話を・・・・・

正直、私の頭には、ヤマダ電機や、コジマ電気の方がケーズデンキよりも、先に浮かんできます。

パソコン購入となれば、ケーズデンキやヤマダ電機などよりも、先にソフマップが浮かんでくるというのが実情です。

でもね、ちょっと思うんですけど、こういう風に、私のようなお客が、「フッ」とした瞬間に思い付く材料って何なんでしょうね。

こういう情報って、きっと本来なら、売り手側が知りたい情報なんだろうと思います。

でも、私達、買い手側もその根拠なんてわからないんですよね〜。。。

で、まとめてみます。

私的、選択基準・・・・・

1.近場に店舗がある。
2.ポイント還元率が高い。
3.値引き交渉が実現したことがある。
4.ほしい商品が大概置いてある。
5.店員の対応が親切、明瞭である。

なんとなくこの辺りなんだろうと思います。

ケーズデンキの社長さんが何を目指しているとか、株価がどうであるという情報って、全く消費者側からすれば全く関係無いことなんですよね〜。。。当たり前なんですけど、これって割と売り手側からすれば盲点だったりするんですよ。。。

会社の発展は株価の上昇であったり、知名度であったり、そういう辺りのことだと考えてしまいがち。まぁ〜、それも一里あるんですが、、、一里ですよ。きっと、そうなんだと思います。

ケーズデンキに限らずの話ですが、私は上の5点が大きな要素だと思うんですよね〜。。。

上の5点が全て望むレベルに到達したならば、私は間違いなくそこへ行きます。。。

って言っても、この5点の内、1つ1つがどの程度を指すのかというのが、また個々人で異なってきますもんね〜。。。

例えば、ポイント還元率なんて、1割で満足する人。3割は還元してほしいという人。。。
さまざまですね。

うっ!?
ケーズデンキ的思考。。。というタイトルとは全然異なってきましたが。

ケーズデンキはそういう意味では、どうやら店舗数という点で、少し他のヤマダ電機やコジマ電気に比べて、少し劣るのかもしれないな〜と思ったりするのでした〜。。。

へへへ。変なまとめ方でごめんさい。^^

ホワッつ???ケーズデンキ

こんにちは。

ケーズデンキをあまり知らなかったので、
友達に特徴とやらを教えてもらいました。

ケーズデンキの特徴・・・・・

それは、ヤマダ電機や、コジマ電気といった、
その他の家電量販店で導入されている「ポイント」を
導入していないそうです。

その代わりらしいですが、既にできる限りの値引きをしているみたい。

そう考えると、他の量販店がズルく思えたりしますね〜。f^^;
ポイントをつけることによって、お客を得した気分にさせる。

それだったら、最初から安くしといてくれよ〜って思うのが当然ですよね〜。。。

まっ、お客さんを継続的にお店へ足を運ばせる戦略としては、
ポイント制を導入した方が確実ですよね。

生き残り戦線を勝ち取る策略の一つということで理解できますね。^^

でも、友達はケーズデンキで値引きできたと言ってたので・・・・・

ん!?

可能な限り下げてないの???

いやいや、でもこれはお客側も考える必要があるのでしょうが、
ケーズデンキの存続のお陰で、今日の買い物ができてるわけです。
そこに感謝して、多少の値引きをするぐらいなら、店員さんにチップを渡した気持ちになっておきましょう。。。

なんて言いつつ、値引いてもらえるなら、値引いてもらいたいものですが。(汗)

うぅ〜、私も正さねば。m(_ _)m
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。